稲荷宮・大神宮・御輿・鳥居 宮宏お宮製作所
ホーム プロフィール 商品紹介 アクセス リンク お問合せ
     
神棚と宮師の伝統   宮師の技 宮宏の仕事   イベントカレンダー
     
プロフィール
  宮師  
  お宮を造る専門の職人を『宮師』といいます。
宮師は京都や伊勢に多く、また岩槻市周辺でも数人の宮師がお宮造りに励んでいます。
宮宏お宮製作所では、二人の宮師が、様々な形や種類のお宮を、伝統の技で作り上げています。
 
                 
  左は宏、右元夫   左は宏、右元夫   製作風景   製作風景  
                 
  >>宮崎家の紹介<<              
  宮崎家は、宏15代目、元夫16代目と続く旧家である。
宮師としては、宏2代目、元夫3代目である。
宮崎家が宮師として技を保持したのは、宮崎宏(昭和10年5月15日生まれ)の祖父宮崎丑松の時代である。
その娘婿である宏の父親吉次(明治40年生まれ)も弟子として宮師の技を学んだ。
しかし宏が10歳の時に、技術を伝授する間もなく4人の子供を残して、太平洋戦争(ビルマ)で戦死してしまった。母やす(明治42年生まれ)当時37歳の時だった。
その為、宏は15歳になった昭和25年から父の兄弟弟子の元で技を学んだ。
20歳になった昭和30年に独立し、屋号"宮宏"となる。
昭和32年妻治美(昭和9年生まれ)と結婚。2男1女(3人)の子供あり。

また、昭和51年から宏の長男・元夫(昭和33年3月11日生まれ)も3代目として技を磨き、親子でお宮作りに精進している。
特に宏が大神宮や恵比寿宮、荒神宮など内宮を中心に手掛け、息子の元夫は外宮を得意としている。
尚、元夫は昭和61年に和枝(昭和32年生まれ)と結婚し、3男1女(4人)の子供あり。現在親子2代の夫婦で、お宮作りや暮れの市で活躍し。県内で数少ない伝統的なお宮の制作技術を保持・伝承している。
そして、今、家族8人の大家族。毎日にぎやかに過ごしている。

ちなみに趣味・・・
宏 ・・・・・・・ お酒、演歌、カラオケ、グランドゴルフ、ドライブ(旅行)
治美 ・・・・・ 野菜作り、演歌、旅行
元夫 ・・・・・ オーディオ、音楽鑑賞、車、子供をかわいがりすぎていじめてしまうこと
 
  オーディオ   オーディオ   オーディオは、約30年になります。SPは自作、ユニットも海外オークションで落札した40年くらい前のJBLユニット、4ウェイマルチです。
アンプは、友人たちの自作で、すべて真空管です。
まだまだ未完成な音ですが、聞きたい方がいらっしゃいましたらいつでも歓迎します。
 
  和枝 ・・・・・ ガーデニング、子育て、コーラス、夫の世話  
  ガーデニング   ガーデニング   家族が多いので、家事に追われる毎日ですが、一番下の娘(有佳)と一緒に花を育てています。  
         
宮宏お宮製作所
宮師 宮崎 宏・元夫
〒339-0013 埼玉県岩槻市大口 413
Tel :048-799-0288
Fax :048-799-0341
メールフォーム

 
   
                 
              ページの先頭へ戻る ▲  
                 
Copyright(C)2004 Miyahiro Omiya Seisakusyo All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】