神棚・大神宮・御輿・鳥居 宮宏お宮製作所
神棚製造・販売 埼玉県岩槻市 宮宏お宮製作所
ホーム プロフィール 商品紹介 アクセス リンク お問合せ
     
神棚と宮師の伝統   宮師の技 宮宏の仕事   イベントカレンダー
             
神棚と宮師の伝統
お宮  
  群馬県館林市のプルドックソース株式会社様 新工場   日本にはお正月やお祭り、七五三、結婚式など、神社にお詣りする行事がたくさんあります。
神社の入り口には鳥居が立ち、そこが神聖な場所であることを示します。
狛犬が邪なものを寄せ付けないように睨みを効かせて、その向こうにお宮があります。
お宮は古来、神様のお住まいとしてまつられ、崇められてきました。
 
    群馬県館林市のプルドックソース株式会社様
新工場
 
  特に天照大神様がまつられている伊勢神宮は室町時代より民衆の信仰の対象となり、江戸時代以降は、豊饒や家内安全を願って、人々は家の中に小さなお宮を伊勢神宮を模してまつりました。
神様が個々の家をお守り下さるようにとの意を込めて小さなお宮をまつったのが神棚であり、私たちに最も馴染みのあるお宮となりました。
 
   
  神棚          
  「山には山の、海には海の神がいる」と言うように、様々な願いを込めて、それぞれに神々をまつるのが日本の風習です。
神棚とは、私たちに最も身近なお宮の形です。
家内安全や家運長久を祈願して作られた屋内のお宮で、その起源は神話のころにまで遡ります。
江戸時代からは、神棚は屋内では最も清浄な場所とされ、茶の間や座敷に必ず設けられるようになりました。
  埼玉県浦和市の厚沢様  
  埼玉県浦和市の厚沢様
現代の一般的な家庭の神棚です。
恵比寿様を、福をもたらす大黒様と一緒に 
恵比寿宮におまつりする家が多くあります。
   
             
  埼玉県川口市の鈴木様   茶の間や座敷には伊勢神宮を模した大神宮様が、農家や商家では恵比寿様がまつられます。
また、恵方にお祭りする神様(歳神様)や、火伏せの神様(荒神様)を台所にまつったり、戸守りのお札を玄関の入り口にはったりします。
 
    埼玉県川口市の鈴木様  
             
  現代においては、お宮、神棚も生活の様式に応じて僅かにその姿を変化させながら、私たちの生活に息づいて居ます。   埼玉県浦和市の日暮様  
  埼玉県浦和市の日暮様    
             
   
          【神棚・稲荷宮・大神宮・御輿・鳥居】
宮宏お宮製作所
宮師 宮崎 宏・元夫
〒339-0013 埼玉県岩槻市大口 413
Tel :048-799-0288
Fax :048-799-0341
メールフォーム
 
 
          ページの先頭へ戻る ▲  
             
Copyright(C)2004 Miyahiro Omiya Seisakusyo All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】